2010年

3月

25日

モノクロじゃなくてカラーだと何が見えてくる?

 

昭和初期の生活の様子を映したカラー映像がありました。

 

http://scrapjapan.wordpress.com/2008/05/10/showa-2/

この時代というより戦前の時代を頭の中で思い描くとき
その風景はいつもモノクロでカクカクとした動きになってしまい、
なにか今のこの時代とは切り分けられた別世界の出来事のように感じてしまいます。

映像がカラーになるだけで、
登場する人々に血が通い始め、風景が息づきはじめました。
すげーキレイな女の人だなあ、
あの軍服の若い奴、R君によく似てるな、
とか、自分と同じように暮らしがあり喜怒哀楽を持つ人間なのだと感じました。

そうした人たちが戦争の時代に生きて、
信じて、煽り、殺し、抗い、笑い、泣き、燃えて、千切れて

その時代に生きたらば
僕はどうしていたんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!