2011年

1月

01日

2011年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

 

2001年1月1日、

記念すべき21世紀最初の日。

 

「はたして人類は笑って22世紀を迎えることができるのだろうか?」

 

年賀状の代わりにこんなメッセージを友人、知人たちに送りました。

めでたい正月気分をぶち壊すような迷惑メールだったかもしれませんね(笑)

 

 

あれから10年。

「エコ」、「環境」、「平和」、「援助」

という単語に触れる機会は多くなった気がします。

ですが、

肌で感じる感覚としては、

より人類の寿命が短くなっている気がしてなりません。

 

人類の寿命といっても、高齢化する社会のことではなく、

地球上の「人間」という存在のことです。

 

SNSにTwitter、

今は「情報」の時代

有象無象の情報が溢れかえり、人々の時間のあらゆるスキマを情報が埋め尽くしています。

 

たかだか10年前と比べてみても生活が忙しくなりましたよね。

これからさらに人々の生きていくスピードは加速していくのでしょうか?

ここいらが人間の臨界速度なのでは、と思いたい自分がいます。

また、速く出来るなら可能な限り最速にすべきだ、

ということでもなく、

適切な速度というのも存在していると思います。

 

「人間」がつくるすべてのシステムは、

本来「人間」が快適に生きることを目的にしているわけですから、

その「人間」が壊れてしまっては本末転倒です。

 

「人間」とは、人と人の間にあり、人を思いやる心を持つ者です。

22世紀を迎えるこれから約90年後、人類は「人間」でいられるでしょうか?

 

 

今日という日に、

食事にありつけ、

雨露に濡れない寝床があり、

家族と一緒に笑顔で過ごせていること。

そして、

また朝日がのぼることに感謝を。

 

本年は、

左脳的な情報提供だけでなく、右脳を刺激するコンテンツ・機会を提供します。

行動につながる2011年にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!