2011年

1月

08日

手のかかる家とマルクスの理論

今、自然住宅に住んでいます。

夏ごろに家を建てたのですが、衣食住をなるべく自然のものにと思い建てました。

家族会議の結果、人生で一番高い買い物になるだろうからこそ、外材は使わず国産を使うことに意義があるのではないかという話になり、工務店を選びました。

 

 

工務店の方と柱を宮城まで切りに行き、パートナーが設計をし、足りないところは自分たちで手をかけています。

その為、引っ越してはいるものの完成に至るまではどれくらいかかるのだろう?といつも話しています。

 

工務店の方が衣食住へのこだわりがあり、化学物質化敏捷などへの対策として、木材だけでなく、壁の中のケーブル、漆喰の材料、接着剤を使わないなど色々な配慮がみられました。

 

その下地があって自分たちがさらに作ることによって愛着がわいてくる。

マルクスの資本論で言うところの商品の使用価値を労働力によって高める・・・といったところでしょうか。               (蓮見 洋平)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!