絵本『世界おばあちゃん会議』

 

 

自分の怠惰な性質が口惜しい。間に合わなかった。


かつてこの日本でもあった、人と人が心を忘れて争い傷つけあうそんな時が訪れないように、

全生活を通じて表現をしていこうと心に決めている。

国全体の仕組みを作り替えて戦争を防ぐ世の中を作るという正攻法は理想だが、

費やす時間と労力とお金を考えると難しい。

でももし広島に原爆を投下した米軍パイロット、ポール・ティベッツが発射ボタンを押す直前に、

上空から見た街の中、幾万もの家々には自分の愛する家族と同じように、

うれしさ、悲しさを知る人たちが今日を懸命に生きていたんだとふと思い返していたならば、

と夢想する。

 

ひとりひとりの心の奥底にメッセージを届けることができたならば、

個々それぞれが組織や場の空気に抗って自分の魂の信じる選択をすることで、

時代は変わる可能性がある。

 

作っている作品はいずれも完成にはまだ遠く、今キレイに自信を持ってお見せ出来るものはない。
ただ、何のために作っていたのか、その目的から考えれば、この選挙を『抗暴の時』と見た今に、自分としてメッセージを発信する必要がある。
しっかり時間をとってまとめたいのですが、生きていくのに忙しくなかなかそうもいかない。
不完全なままの作品と、言いたいことに近いことを言っていた過去のブログも引っ張り出しながら、
オレの信じるところの平和と人間の幸せへのアプローチを実践していきます。

 

 

絵本『世界おばあちゃん会議』

さく:はすみたろう え:未だ無し

 

絵本として出版したいと準備をしていたものです。
本の虫の蓮見家長男(6歳)には大人気!!


こっそりテーマが「愛国心」というと引かれるかもしれませんが、
〜「国」ってこういうものじゃないの〜
〜男は戦争を起こすばかりだけれど、女の人は戦争を起こさせない方法を知っているかもね〜

 

そんなことを、子どもも大人も楽しく読める話にしました。
絵はまだです。
もし絵を書いてくださる方いらっしゃったらご連絡ください(笑)

 

良かったら感想お聞かせください

 

 

by T

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!