2013年

12月

06日

TPPとか秘密保護法案とか

『予定調和』!?  クソだな。
『KY』!?     いいじゃないの!

どんな大きな事業だって、革命だって、はじまりは、
だれか一人の勇気あるワンアクションから。

本当に言いたいこと言って浮いちゃえ!
出る釘結構。
マイペース、マイワールド、万々歳。

迎合すんな、付和雷同するな。
自分の言葉をもって、自分の言葉で語れ!


最初の一人になるのは気が引けるけれど、
必ず同じ思いの仲間が見つかる。



秘密保護法案も、TPPも、こんなもんを通すってことは、
「もしかして、日本ってさア、実はアメリカの植民地なんじゃ・・・?」
って影でウワサされていた疑惑を、
もう観念して、
「オレさ、ホントは植民地だったんだ♡」
って自分で認めちゃって、カミングアウトするような感じじゃない?

そんで、一度カミングアウトしちゃったら、
そこからは一気に行動がハジケて、植民地キャラ全開でぐいぐい進んでいくわけ。

誰のための政治家、官僚なのでしょうか。
おりませんか〜、どこかに公僕はおりませんか〜

当然のごとくさ、権益や「メンツ」を巡っての取引ってのがあると思うんだよ。
お前に、お前の一族に、お前の会派に、お前の党に、お前の会社に、
イイ思いさせてやるからサ、って。
コトが成るや否やの采配を握る立場にある人間の、
パーソナルな範疇+α程度のイイ思いと引き換えに、
日本という国、全体が売り渡されてしまう
そんなことがずっと起きてきてると思うんだ。
太平洋戦争の時だって、
一度みんなの前で言ってしまったからもう引っ込められない、とか、
部下の前で弱腰と思われるような態度は見せられないから、とか
自分や誰かのメンツが潰れることを避けるためだけに、
馬鹿げた作戦を展開して、とんでもない犠牲者が出たことだって、たくさんあったわけだ。
それは戦略や戦力云々じゃない、人間社会だからこその、
人間の、非常にパーソナルな要因が全体に影響を及ぼしていることがあると思うんだ。



いやあ、生活が忙しい。
生きてくのがやっとだよ。
でも地球丸だか、日本丸だか、
自分らが乗っているどでかい船に危機が迫ってるんだけど、
みんなも自分の生活が忙しくて、自分の持ち場のことで精一杯で、
そんなことにかかずらわっていられない。
でも、いずれ後悔する時がきっとくるんだ。
あの時、「進路変えたほうがいいよ」って、
「穴ふさいで治そうぜ」って、言っておけばよかったなーって。


お、こうして考えると、
悪辣に見えていた自己保身する政治家、官僚たちと、
生活に忙しい、自分たち「一般人」も同じに思えてきた。
同じ人間なのだ。
何も、特別な生まれついての悪党が、この世を悪意を持って動かしているわけではない。
みな忙しいのだ。
個々様々な事情を抱えているのだ。


この世の中は、「人」で構成されているのだ。
国なんてものは「人」の集まり。
国境の線は「人」が決めたもの、日本国の定義も自分たちで決めたもの。
本来的には、すべて「人」の中にあるのだ、
日本とはなんぞや、と問われてそれを説明するのに、
日本地図を持ちだしてその領域を指し示すより、
おばあちゃんが作った一杯の味噌汁をすすってもらうほうが、
よっぽど本質を理解してもらえるだろう。

で、この「人」とはおかしなもんで、
「オトナ」と「コドモ」という名称で区分けされ、
「コドモ」の「人」が進化して「オトナ」の「人」という完成形になる。
そういう考えものも、
「オトナ」が圧倒的上位に置かれ、
「オトナ」へのあらゆる権力の集中が起きている。 

確かに「コドモ」は、
身体も小さく、地上に生まれ落ちて間もないわけだから、
できないことも多く、社会についても知らない。
我欲のままに泣き叫ぶことだってある。
それゆえに、「コドモ」のほうが優れている能力だってあるんだ。
意見を主張する能力、
誤っていることに対する反発力、 
思ったらすぐにやり始めちゃう行動力、etc
(そして心の純真さ)

今度は、「コドモ」が進化して「オトナ」になる過程で身につけたこと。
上位者への聞きわけがよくなる
いちいち事を荒立てなくなる
空気を読む
みなと同じように、はみ出さずに行動できる
本音と建前というルールを使えるようになる
まずい料理でもほめることができるようになる
クサいものがあってもフタをして回避できる

「ほら、僕たちオトナだから、スムーズにコトを進めることができるんだよ、コドモにはできないだろ?」

馬鹿な話だ。
実際、進化なんか起きないわけで、(むしろ感覚の退化と捉えることだってできる)
体面を取り繕うことがうまくなっているだけなのだ。
「人」はまだまだ生き物として未熟であり、
スーツを着て、まっとうな顔をして闊歩しているけれど、
多くは、その中身は我欲の実現への願望を抱えて生きているだけなのだ。
「メンツ」がつぶれないように、「メンツ」をつぶさないように。
「世間体」が崩れないように。


「オトナ」の殻、脱ぎ捨ててみませんか??
「コドモ」になって、一度、日本丸やら地球丸やらのこと考えてみませんか?

 

 

まずは自分自身の意思の表明だけでも。

オレの意思表示ね。

「TPPも秘密保護法案もNOに決まってんだろ!!」

 

taro "ANTI-WAR" hasumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!