2011年

7月

24日

女川復興支援連絡会報告(教育とカレーと時々マスク)

さて、女川復興支援連絡会も3回目になりました。

台風の接近もあり、青空会議場ではなく会議室で行いました。

個人的には青空会議場好きなんですが・・・。

 

 

さて、前回の会議でちきゅうの子22は教育支援の分科会に入りました。

そして、女川の学校も夏休みに入り、子供の避難所、仮設住宅ですごす時間も

長くなります。

また、今年は震災の影響で授業開始が遅く、夏休みが短くなる等の話も聞いて

いました。

 

 

そこで少しでも勉強のサポートをして、早く夏休みを満喫できるような

そんな動きができると良いな〜等と思っており、かねてから教育の分野で

何かできないか、と持ちかけてきた教師に仲間に入ってもらい、これから

夏場の間集中的に教育のサポートに入ろうと考えています。

 

各団体と協議しつつ、足りないところは協力して、団体の垣根を越えながら

より良い場の提供を女川で進めていけるといいなと思います。

 

また、かねてから動いていた事で、なかなか発表できなかったのですが

炊き出しのカレーが商品化されます。

名前はストレートに「女川カレー」

 

直球すぎる名前ですが、10月1日から全国の百貨店で販売予定です。

これは女川町にスパイス小規模工場を作り、女川町の雇用促進につながれば

と考えています。

また観光商品のひとつとして観光協会にも協力しながら

商業レベルでの復興モデルのひとつとして、ぜひ成功させたいものと

考えています。

 

それに伴い、発足したのが「女川カレープロジェクト」

カレーを軸に地元の人と女川を盛り上げようというものです。

ちきゅうの子22単独のものではなく、アナンコーポレーションの

バラッツさんや皆様、なにより女川町の方と共同のプロジェクトです。

 

web上で更新していきますので、ぜひご覧になってください。

そしてもしよろしければ試しに商品を購入してみてください。

 

 

こちらに更新していきます。

 

おながわかりーどっとこむ

http://onagawacurry.com   

 

そしてさらにもう一つ大きな動きがあるのですが、

まだ詳細を伝える事はできないので

時期が来たらアップさせていただきます。

 

まずは教育チームと女川カレーを盛り上げていきまっせ!!

今後も女川カレープロジェクト共々よろしくお願いします。

 

 

マスクマンの正体は 覆面の貴講師 数理哲人  さん

なんと数学の講師です。この格好で路上で待ち合わせ

したものだから、目立ちまくった。

 

                      (蓮見 洋平)

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    yukito (月曜日, 25 7月 2011 07:19)

    おーーー、ステキステキ!!!!!
    良い風ふいてるね。
    8月は仕事がかなり閑散としてる気配やけん、お手伝いすることあったら是非声かけて~~。
    好きに夏休みもとれるし☆

  • #2

    よしみん (火曜日, 26 7月 2011 07:10)

    なんだか着々といろいろな事が進んでいるのが見える。

    今は小さな種だけど、どんな花が咲くか楽しみだね。

  • #3

    ちきゅうの子22 蓮見洋平 (火曜日, 26 7月 2011 11:12)

    yukitoさん

    そよ風きてるかもね。
    また是非参加してください。

    よしみんさん

    一歩一歩丁寧に気をつけてるけど。
    自分は常に外部の人間って気持ちを忘れずにやっているよ。
    自分たちもどんな花が咲くか分からないから、楽しみでもあるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い羽根共同募金の「災害ボランティア ・NPO活動サポート募金をうけました」

LUSH JAPAN様より活動助成金を

いただきました。
現在チャリティポットとしても販売も

されております。
是非お店に足を運んでみて下さい。

LUSH JAPAN 自然派化粧品
http://www.lushjapan.com/index.asp

22世紀というちょっと未来の視点から今の自分たちを見たら、いったいどんな風に見えるだろうか。 メディア、野外音楽イベント、スタディツアー、などを通して、 「22世紀にうまれてくるこどもたちのための、未来をつくる人材がうまれる土壌づくり」を多角的に実行中。 一緒に考えたり、イベントをやってくれる仲間を募集中です!